認知症のばあさんとの思い出

一番最初に婆さんから間違い電話がかかってきたのは2年程前だった

携帯がなったんだけどかけてくる相手なんてかぎられてたから番号を気にしないで出たら

「○○の佐藤(仮名)です。これからお伺いしますのでお願いしますね」

と一言言われてそのまま電話を切られてしまったんで間違いを指摘出来なかった

かけ直して説明すんのも面倒だったんでその時は放置してしまった

次にその婆さんから間違い電話がかかってきたのは一ヵ月後くらいだったか

「○○の佐藤です」と言われたんであの時の人だと思い「すみません、おかけ間違いですよ」

とだけ言ってみた

「あらー、それは失礼しました。ごめんなさいねー」

と恥ずかしそうに笑って婆さんは電話を切ったんだが

どうやら知人の番号と似ているらしくそれからもたまに間違いをかけてくる事があった

俺は元々婆ちゃん子だったからその婆さんの間違い電話は大して気にもならなかったし

指摘する度に「今日は知人とお芝居に行くので連絡しようと思ったら間違えちゃって」

と予定を話してくれるので

「そうか、今日はこういう事をするのか」

って見ず知らずの他人の予定を知って楽しかったってのもあった

しばらくして婆さんからの間違い電話が全然かかってこなくなって

淋しくもあったけど間違えない様な方法を見つけられたんだなと思うと嬉しくもあった

ただ、何となく思い出として婆さんの番号は携帯に「佐藤のお婆ちゃん」と登録しておいた

それから1年くらい婆さんとは話してなかったんだがある日

婆さんの番号で電話がかかってきた

「もしもしー、間違い電話ですよー」

と明るく出てみたんだが

「タカシ(仮名)さんですか?○○の梅子(仮名)です」

と婆さんはいつもと違う話し方をして驚いた

自分はタカシでも何でもないし、婆さんが苗字じゃなく名前を言うのも初めてだったので

間違い電話にしてもおかしくないか?と疑問に思ってしまってしばらく黙ってしまった

そしたら婆さんは「今日は庭の梅の花が綺麗に咲いた」とか世間話を始めてきた

「あの、お婆さん?間違い電話ですよ?」と返してみたが

「何をおっしゃるのウフフ」と言った感じで

婆さんは完全にタカシさんと電話で話してると決めてかかっていた

これはどうしようかと悩んでいたら婆さんの後ろの方から女性の声で

「ちょっとお婆ちゃん!誰と話してるの!」と大声がきこえてきたかと思うと

電話を切られてしまい

何があったのかさっぱりわからずにその日は一日悶々としてしまった