【衝撃】ある理由で、先生が不登校になった…→その驚愕の理由とは!?さらにとんでもない結末が….

スポンサーリンク

ついに呼び鈴を鳴らしてしまった。

僕に与えられた後悔の時間は数秒ほどだったけど、先生がドアを開けて顔を覗かせるまでに、たっぷりと数分は過ぎたような気がした。

「…………どうして」

目を瞠った先生の唇がぱくぱくと動く。

久しぶりに見た先生の顔は記憶の中のそれよりもほっそりとしていた。少し痩せたかもしれない。

「あの、僕、心配で……その、ええと」

長い時間をかけて考えてきた言い訳なんか、一瞬で吹っ飛んでいた。

玄関先で顔を突き合わせたまま馬鹿みたいに目をそらし合う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする