【衝撃】「父さん、ミュージシャンやめてサラリーマンで食っていこうと思うんだ」⇒いきなりの告白に凍りつく【スゴイ】

スポンサーリンク

「父さんな、ミュージシャンやめてサラリーマンで食っていこうと思うんだ」

男がこう切り出した瞬間、リビングは凍りついた。

若く美しい妻も、可愛らしく優秀な息子と娘も、果てはペットである血統書付きの猫まで。
皆が等しく凍りついた。

どうしてこんなことになったのか。

それを説明するためにも、男の半生を振り返ってみたいと思う。

男はミュージシャンになるために生まれてきたような人間だった。

産声のリズムに産婦人科医と看護師が号泣し、

おもちゃの太鼓を叩くと両親がスタンディングオベーションし、

夜泣きをすれば「今のオペラは一体なんだったんだ」とご近所が大騒ぎになる。

そんな具合だったから、言葉を覚えるにつれ、彼の音楽家としての才能は加速的に開花していった。

リコーダーを吹くと、音楽教師とクラスメイトが涙を流してひれ伏し、

道ばたを鼻歌を唄うと、黄色い声援が飛び交い、

カラオケに行って得点でも測ろうものなら、機械が「1億点」を叩き出し、ブッ壊れた。

極めつけは高校の文化祭である。

友達の口車に乗せられてバンドを出してみたら、
全校生徒と教師が失神者も出るほど熱狂し、文化祭に招かれていたプロミュージシャンが土下座してきて、
たまたまその場にいたスカウトの目に入り、あっという間にプロデビューを果たしてしまった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする