【実話】まさか!俺が女装に目覚める日が来るなんて、、!

スポンサーリンク
女の子に憧れたと書いたけど、
可愛くなりたい。可愛いと言われてうれしいと明確な気持ちが出てきたのは、
高校生くらいだったと思う。ただ、今思い返すと小学校からその気はあったかもしれん。

うちには年の近い兄貴がいて、
子供の頃は、気付いた時には兄貴は長髪で
オレは短髪だったんだ。
その時は何の疑問も持たなかったけど、
小学校低学年の時に、家族と食事に行ったときなんかに
兄貴が女の子と間違えられてるのを見て
悔しいような、羨ましいような何とも言えない気持ちになったのは覚えている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする