【短編】 海馬「何故だ!何故トイレに紙が無い!」 

海馬「何故だ!何故トイレに紙が無い!」

海馬「紙が無くなったら新しく補充するのがトイレのルールではないのか!?」

海馬「クソッ…便器の周りにも紙らしきものが無い…」

海馬「おのれぇ…こんなことなら会場のトイレなど使うのではなかった…」

海馬「ここで大規模なデュエル大会を開くためにやって来たというのに…」

海馬「主催者の俺がこんな無様な醜態を…屈辱だ」

海馬「どうする…早くしないと開会式が始まってしまう…」

※海馬瀬人(かいばせと)は、漫画『遊☆戯☆王』に登場する人物。「武藤遊戯」のライバルであり、準主役キャラ。現役高校生でありながら、大企業「海馬コーポレーション」の若手社長を務める程のエリートで文武両道。ソリッドビジョンシステム関連を手掛け、ヘリコプターやジェット機も操縦できる。天才的なゲームプレイヤーでもあり、特に「マジック&ウィザーズ」と「チェス」を好み、「カードの貴公子」の異名で呼ばれている。ライバルである遊戯には一見すると実力で勝利した事は一度も無いが遊戯本人も「友情の力が無ければ負けていた」と実力を認めており、互角に近い実力を有し戦う事が出来る天才的な人物。